シミに効くビタミンとは?シミ対策は食習慣から

シミ

シミのできる原因とは?

年齢とともに、顔のシミが気になりだす女性は多いものです。

シミができる原因としては
日焼けをはじめとし、紫外線以外にも様々な原因があります。

そもそもシミの原因になっているものはメラニンであるため、一番大切なことは紫外線対策によるシミ対策といえるでしょう。

その中でも5月から8月は紫外線量が高い時期であり、この季節や屋外でのレジャーの際には、強い日焼け止めが必要となります。

その中でも注意したいものが塗る量であり、多く人が適量の半分程度しか塗っていないといわれています。

これでは期待される効果を得ることはできないでしょう。

またシミはこすることで余計に濃くなってしまいます。

そのほかにも傷や虫刺されなどもシミの原因となり、活性酸素によるさびつきもシミの一つの原因であるため、活性酸素をいかに抑えるかが重要となります。

日頃の食習慣もシミ対策に

また顔にシミができるのを防ぐ対策として、日ごろの食習慣をしっかりと整えることが重要です。

つまりシミのもとを作らせない食習慣が重要です。

その一つ目に、ヘム鉄たっぷりの赤身の肉やレバーを意識して摂取することが挙げられます。

ビタミンCがたっぷりと含まれているフルーツや野菜を摂取することも大切ですが、それと同じくらいの摂取が重要となります。

その中でも特に鉄が重要であり、シミの原因となる活性酸素をやっつける働きがあるのです。

ホウレンソウやプルーンに入っている非ヘム鉄とは異なり、肉やレバーなどに入っている鉄が重要なのです。

二つ目にはたんぱく質やビタミンA、B、D、亜鉛の摂取が挙げられます。

シミを早く追い出すためには、皮膚の代謝を上げることが重要です。

新しいきれいな皮膚を作ることによって、古い皮膚を追い出すことにつながります。

そのためにはたんぱく質とビタミンA、B、D、亜鉛などが最低限重要となります。

これらがすべて入って行って効率よく摂取できるものが赤身なのです。

既にできてしまったシミ対策に

すでに出来上がってしまったシミに関しては、美白剤を使用するも大切ですが、ビタミンACE、ポリフェノールを摂取することが大切です。

その中でも特に緑茶が注目されていて、ポリフェノールのひとつカテキンが豊富に含まれていて、紫外線のダメージを軽減してくれることでしょう。

万が一日焼けをしてしまった後は、水分補給とビタミンC、リコピンの摂取を意識しましょう。

ビタミンCは抗酸化作用に優れ、メラニンの生成を抑制したり、シミやそばかすを予防する作用もあるため特におすすめです。