ちゅらゆくるは医薬部外品のオールナイトパッククリーム!どんな成分を配合している?

ちゅらゆくる

ちゅらゆくるの成分とは?

「ちゅらゆくる」は、医薬部外品のオールナイトパッククリームです。

このクリームは寝る前に塗って就寝し、次の朝洗顔する時に洗い流すという簡単な方法で使うことができますが、シミやくすみを薄くする効果が期待できることが魅力です。

トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリル

ちゅらゆくるにはトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルという、美白に役立つ二つの成分が入っていることが大きな特徴になっています。

肌にシミやくすみが何故できるのかと言うと、紫外線を浴びたり肌が摩擦などによってダメージを受けて炎症を起こした時に、肌細胞を守るためにメラニン色素が生成され、それが肌にとどまってしまうことが原因です。

そこで、白い肌を保つにはメラニン色素の発生を抑えることが求められますが、ちゅらゆくるに配合されている、メラニンの活性化をブロックしたりその生成を抑えることと、肌の炎症を抑える効果が期待できるトラネキサム酸が、問題の解決に役立ちます。

また、甘草由来の薬用成分であるグリチルレチン酸ステアリルは、炎症を止める働きがあり保湿力にも優れているので、紫外線を浴びて肌にダメージが起こった時にそれを抑えられます。

トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルが両方入っているちゅらゆくるを塗って眠ることで、肌の炎症が抑えられてメラニンの生成も抑制される効果が期待できるため、シミやくすみの改善が望めるでしょう。

ちゅらゆくるは美白にも効果的

このクリームには、他にも美白に関係する成分が含まれています。

それは、ビタミンC誘導体とアルブチン、プラセンタで、どれも化粧品によく配合されている人気の高い成分です。

ビタミンC誘導体は総合的に美肌づくりに役立つ成分となっており、メラニンを生成するのに関わっている酵素の働きを阻害することで美白を目指せます。

アルブチンはシミを予防する効果が期待できる成分になっており、プラセンタは肌のターンオーバーを整える働きがあるため、メラニン色素が肌に沈着する前に古くなった肌を適切に入れ替えることでキレイな肌の維持を助けます。

このクリームはコスメコンシェルジュが実際に使ってから肌診断機で検証してみた所、肌のトーンが明るくなってくすみが改善し、できていた色素沈着の割合も減少したという結果が出ているのが心強い点です。

ちゅらゆくるは、メラニンの生成を抑えシミを防ぐという効果が認められた医薬部外品なので、ただの化粧品よりも効能が期待できる物を使いたい時に試してみてはいかがでしょうか。