涙袋を作ってかわいい目元にしたい!おすすめのメイク法を伝授!

目元の印象は顔全体に大きく影響します。眼を大きく見せるには涙袋があると効果的ですし、プラスしてかわいく見えるメリットもあります。メイクだけでも印象的な涙袋にすることができるので、早速試してみましょう。
アイメイクは普段通りに行ってから、薄いトーンのアイライナーで涙袋の下のラインをひきます。縁取るように刷るイメージでラインを引いたら、それを綿棒などでぼかして自然に見えるようにします。陰影をつけるようにしてから、涙袋の部分にハイライトを入れるとグッと目立ちます。さらにハイライトの上にラメを加えるとさらに引き立って大きな目元に見せてくれます。とても簡単で特別なアイテムも不要なのですぐに実践できます。
メイクの順番が逆のパターンでも自然でぷっくりの涙袋メイクもできます。まず涙袋の部分にアイシャドウのベース色を入れます。あまり濃く厚くならないように気を付けましょう。さらにその上にパールやラメがあるアイシャドウを加えます。それから涙袋の下をなぞるように薄色のアイライナーを引きます。アイシャドウとアイライナーをぼかすようにしてなじませると、あっと言う間にきれいに目元が強調されて目元が華やかに見えます。
どちらのメイク方法でも時間も手間もかかりませんので毎日でも無理なくできます。さらに手持ちの道具で対応出来るので今日からすぐに試せます。ポイントはしっかりとアイライナーをぼかして不自然にならないことです。あくまでも少しアクセントを加える程度にして程度が一番きれいに見えます。涙袋の下に引くラインは薄い色で細くが基本です。薄い色がキーポイントですから、アイメイクとは別に揃えておくとよいでしょう。メイクだけでも目の印象をワンランクアップさせることは可能です。ちょっとしたテクニックなので、誰でも簡単に出来ますから取り入れて目力をアップさせましょう。目がパッチリすれば他のメイクさえも映えますし、幅も広がります。